WE21ジャパン厚木とは

おかげさまで活動23年目に入ります
NPO法人「WE21ジャパン厚木」は、1998年にチャリティショップ「WEショップ厚木1号店」をオープンしてから2020年4月25日で満22年を迎え、活動は23年目に入ります。

資源再利用と国内外支援活動
NPO法人「WE21ジャパン厚木」は、おおぜいのボランティア参加や、地域の皆さまからの無償のご提供(衣類や雑貨等)に支えられて、 リデュース・リユース・リサイクル(以下3R活動)のチャリティショップ「WEショップ厚木1号店」と「WEショップ厚木荻野店」(厚木荻野店は2018年7月で閉店)を活動の拠点として、貴重な資源の再利用をすすめています。
そして、3R活動から生まれたお金の一部でネパールやカンボジアの女性や子どもたちの生活向上を支援し、同時にフェアトレード(公正な貿易)による途上国の食品や雑貨を購入、紹介しながら生産者の自立を応援しています。
また2011年3月11日に発生した東日本大震災直後から、福島や宮城の被災地支援を続けると同時に、2015年10月からは気仙沼の海産物を取り寄せ皆さまにご紹介することで、日常的な東北支援を行っています。

チャリティショップ「WEショップ厚木」22年間の実績
◎ご協力いただいた皆さま(延べ人数)
★物品提供者数:90,957人 ★購入者数:510,140人 ★ボランティア:延べ人数 27,529人

◎海外支援(国際協力NGOを通じて)の実施
★海外支援金総額:27,028,761円
★支援先:カンボジア、アフガニスタン、ラオス、バングラデシュ、モンゴル、ネパール、シリア、他緊急支援

◎国内支援(現地NPO等への支援)の実施
★国内支援金総額:8,854,753円
★支援先:東日本大震災被災地支援(福島県いわき市、宮城県気仙沼市),熊本地震復興支援、厚木市内及び伊勢原市内団体、他緊急支援

◎物品購入支援(もうひとつの支援活動)
★フェアトレード品仕入れ総額:12,594,852円(生産国:ネパール、カンボジア、インド、他)
★東日本大震災被災地産品仕入れ総額:7,282,287円(生産者:福島県いわき市、宮城県気仙沼市)

私たちの思い
WEは「Women's Empowerment」の頭文字で「女性が力をつけること」の意味。

これからも一人一人の力を合わせて、命や人権が守られる平和な社会の実現にむけて、 一歩ずつ行動していきたいと思います。

トピックス

Facebook

アクセス


  • shop
  • 住所:〒243-0015 厚木市中町3-18-5
  • TEL/FAX:046-296-2555
  • 営業:10:00-16:30
  • 休日:日、祝祭日(夏季、年末年始)
  •  
  •  
  •