リサイクルでアジアの女性の自立支援

FrontPage

MSCC_集合写真1

WEショップで作成したネパール地震復興を応援するタペストリーが現地に届きました。
写真提供:ネパリ・バザーロ

チャリティショップ「WEショップ厚木」20年の実績

NPO法人WE21ジャパン厚木は、1998年にチャリティショップ「WEショップ厚木1号店」の活動を開始してから2018年4月25日で丸20年を迎えました。1999年には「WEショップ厚木2号店」をオープンし、2店舗の運営を続けてきました。

◎ご協力いただいた皆さま(延べ人数)
★物品提供者数:83,286人 ★購入者数:465,209人 ★ボランティア:25,651人

◎海外支援(国際協力NGOを通じて)の実施
★海外支援金総額:22,374,515円
★支援先:カンボジア、アフガニスタン、ラオス、バングラデシュ、モンゴル、ネパール、シリア、他緊急支援

◎国内支援(現地NPO等への支援)の実施
★国内支援金総額:6,870,089円
★支援先:東日本大震災被災地支援(福島県いわき市、宮城県気仙沼市),熊本地震復興支援、厚木市内及び伊勢原市内団体、他緊急支援

◎物品購入支援(もうひとつの支援活動)
★フェアトレード品仕入れ総額:12,815,522円(生産国:ネパール、カンボジア、インド、他)
★東日本大震災被災地産品仕入れ総額:4,198,520円(生産者:福島県いわき市、宮城県気仙沼市)

資源再利用と国内外支援活動

私たち「NPO法人WE21ジャパン厚木」は、おおぜいのボランティア参加や、地域の皆さまからの無償のご提供(衣類や雑貨等)に支えられて、リデュース・リユース・リサイクル(以下3R活動)のチャリティショップ「WEショップ厚木1号店」と「WEショップ厚木荻野店」(厚木荻野店は2018年7月で事業終了)を活動の拠点として、貴重な資源の再利用をすすめています。

そして、3R活動から生まれたお金でネパールやカンボジアの女性や子どもたちの生活向上を支援し、同時にフェアトレード(公正な貿易)による途上国の食品や雑貨を購入、紹介しながら生産者の自立を応援しています。

また2011年3月11日に発生した東日本大震災直後から、福島や宮城の被災地支援を続けると同時に、2015年10月からは気仙沼の海産物を取り寄せ皆さまにご紹介することで、日常的な東北支援を行っています。

WEは「Women’s Empowerment」の頭文字で
「女性たちが元気になる」の意味。

これからも一人一人の力を合わせて、命や人権が守られる平和な社会の実現にむけて、
一歩ずつ、出来ることから実行していきたいと思います。

1月及び2月「WE講座」開催のお知らせ

海外支援先の現状をきき、私たちに何が出来るのかを一緒に考えます。そして、当NPO法人が運営するチャリティショップ「WEショップ厚木」の活動を日頃からご支援いただいている皆様に、ニュース等でご報告してまいります。
※お問合せ及び参加申込み:WEショップ厚木1号店 046-296-2555

1月のWE講座  ~カンボジア スタディツアー報告~

開催月日:2019年1月24日(木) 10:30~11:45 (10時受付)

会場:  アミューあつぎ 市民交流プラザ702号室

報告者: NPO法人WE21ジャパン厚木  礒崎由美子さん

支援先の認定NPO法人「幼い難民を考える会(CYR)」が主催するカンボジアスタディツアーに参加した磯崎さんが、カンボジア農村地域の「村の幼稚園」の様子をお話します。

2月のWE講座 ~ネパール 高等教育奨学金事業報告~

開催月日:2019年2月18日(月)10:30~11:45 (10時受付)

会場:  アミューあつぎ 市民交流プラザ503号室

報告者: ネパリ・バザーロ 代表 高橋百合香さん

フェアトレードの紅茶、カレー等でもお付き合いのあるネパリ・バザーロが、なかなか高等教育を受ける機会のない若者のために立ち上げた奨学金制度。
当法人は2008年から10年間奨学金支援を続けています。成長した若い人たちのお話を伺うのが楽しみです。

a:59263 t:31 y:70

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional